物件の更新情報や事業の取り組みなどお届けします

最新情報

更新日:2021/03/01

  • お知らせ

最適な不動産売却方法とは?

不動産(戸建てやマンションや土地)の売却を考えるときってどんなタイミングですか?
売却を考えるのも、「計画的な売却」「突然の売却」によってタイミングが違いますよね。
具体的にどんなことが考えられるかまとめてみました。

計画的な売却(買い替え・住み替え・不要になったなど)
突然の売却(債務返済・相続・離婚など)

他にも当てはまるタイミングはあると思いますが、
代表的な不動産売却のタイミングはこのような場合が考えられると思います。

不動産会社が関係してくる不動産売却方法は、
大まかに「仲介」「買取」の2種類があります。

仲介」⇒不動産会社が購入者を探す
不動産会社に不動産の売却を依頼し、不動産会社が住宅情報誌やインターネットに掲載して、
買いたい人を探します。
「仲介」の場合は、買いたい人が決まったら報酬として”仲介手数料″が発生します。

買取」⇒不動産会社が購入者になる
不動産会社が直接不動産を購入します。買いたい人を探す手間が省ける分、
早く売却が可能になります。
「買取」は直接売買なので”仲介手数料″はかかりません。

こうやって比較してみると、「仲介」よりも「買取」の方がメリットあると思いますが、
大事なことが!!

そうです!いったい「いくら」で買ってくれるのか??
お互いのメリット・デメリットにもなる「金額」の話です💦

結論から言えば…「仲介」より「買取」の方が不動産売却価格は低くなります(;_;)

なぜなのか…我々がこんなこと言っていいかわかりませんが…ハッキリ言って…
「どのように不動産屋さんは利益を得ているのか?」です笑

はい、生きていくためです笑
許してくださいm(__)m

仲介」の場合は、仲介手数料を不動産会社は利益にすることができますが
買取」では仲介手数料をいただかないので不動産会社の利益がありません💦

では、「買取」の場合どうやって利益を得てるの?って話です。

不動産会社は購入した不動産を、リフォームしたり、建て替えたりして再度販売を行い、
売却した金額から売却までにかかった費用を差し引いた金額を利益として得ることができます。

ただし、買いたい人が見つからない場合や掛かった費用より低い金額で買いたいという人がいることも考えられるので、不動産会社にとっては大きなリスクになる可能性もあります。

なので、不動産会社が買取る場合はどうしても買取金額を低めに設定する必要があるのです…
ごめんなさい( ノД`)

以上で不動産の売却方法には「仲介」と「買取」があることは何となくわかっていただけたかと思います。

次は、「自分は一体どちらの売却方法を選べばいいんだろう?」です。
売却方法を選ぶには第一に、「何を最も重視するか?」によって自ずと決まってきます。
あくまでも参考ですが、考えられる重視項目があります。
そこから選んでいただきオススメの売却方法を参考にしていただければ♪

①時間がかかっても高く売りたい
②早く売却(現金化)したい
③売却を人に知られたくない
④一般の人に内見に来てほしくない
⑤契約不適合責任を負いたくない
⑥なるべく諸経費を抑えたい
⑦面倒な手間を掛けずに売却したい

※①を選んだ方は「仲介」がおすすめ!
※②~⑦を選んだ方は「売却」がおすすめ!

長くなってしまったので今回はここまでにします(^^)
次回、「仲介で売却の流れ」をご紹介させていただきます!

不動産売却を考えられてるあなた!
不動商事にご相談くださいね(^_-)-☆